────時空と宇宙の謎を解明する。
東京大学 素粒子物理国際研究センター

山下研究室

博士論文・修士論文

博士論文

年度 氏名 題名 Slide
2016 東 直 Development of a Transmission Electron Microscope Adopting Two-Mode Superconducting RF Accelerating Cavity for Achieving Low Energy Dispersion pdf
2012 生出 秀行 Measurement of longitudinal spin asymmetry in production of muons from W/Z boson decays in polarized p+p collisions at √s = 500 GeV with the PHENIX detector at RHIC pdf
2011 音野 瑛俊 New detector system for the precise neutron lifetime measurement using pulsed cold neutron beams pdf pdf
2010 久保田 隆至 第6回日本物理学会若手奨励賞(高エネルギー物理学奨励賞)受賞
Measurement of the Weak Boson Production Cross Section in the Events with Muons in Proton-Proton Collisions at √s = 7 TeV with the ATLAS Detector
pdf pdf
2010 森田 裕一 Development of a New RF Accelerating Cavity Loaded with Magnetic Alloy Cores Cooled by a Chemically Inert Liquid for Stabilizing and Enhancing the Performance of J-PARC Ring Accelerator pdf pdf

修士論文

年度 氏名 題名
2016 藤倉 昇平 『BNCT用陽子加速器開発におけるカスプ磁場ECRイオン源の研究』 pdf
2015 糟谷 健登 『パルス励起による高調波モードを用いILC 超伝導加速空洞の電気的中心位置の測定法開発発』 pdf
2015 長倉 直樹 『Estimation of Systematic Uncertainties for Precise Neutron Lifetime Measurement』 pdf
2014 森 拓晃 『ILC実験によるチャージーノおよびニュートラリーノの質量同定とMSSMパラメータの決定法の研究』 pdf
2014 家城 斉 『国際リニアコライダーのためのシンチレーター電磁カロリメーターの新しいシンチレーション光読み出しデザインの開発』 pdf
2013 横山 晴道 『ヒッグス粒子のCP混合度決定のためのILC実験におけるタウレプトン崩壊チャンネルを用いた研究』 pdf
2012 東 直 『超伝導高周波加速方式による電子顕微鏡の開発研究』
2012 山田 崇人 『J-PARCにおける中性子寿命の精密測定実験に向けた研究』
2011 片山 領 『国際リニアコライダー実験によるGMSBモデルにおけるgravitino質量決定法の研究』 pdf
2009 高橋 武士 『J-PARCにおける磁性体コアを用いた加速空洞の大強度安定化のための研究』 pdf
2009 村瀬 拓郎 『プロセス・デバイスシミュレーターを用いた半導体検出器PPDの基本特性における研究』 pdf
2008 生出 秀行 『半導体光検出器 PPD の基本特性の解明と,実践的開発に向けた研究』 pdf
2008 末廣 徹 『J-PARC主リングの加速能力増強のための新しい加速空洞冷却システムの基礎研究』 pdf
2007 音野 瑛俊 『ガイガーモードで駆動するピクセル化された新形半導体光検出器の基礎特性に関する研究』 pdf
2007 羽野 仁志 『超伝導加速空洞の製作及びその評価』 pdf
2006 森田 裕一 『リニアコライダー加速器のためのピエゾアクチュエーターを用いた振動制御システムの開発』 pdf