• TOP>
  • 採用情報

採用情報

東京大学素粒子物理国際研究センターでは、下記のとおり教職員を公募いたします。
詳しくは以下をご覧ください。

職名・人数准教授 1名
採用予定日決定後なるべく早い時期
契約期間期間の定めなし
試用期間採用された日から6ケ月間
就業場所素粒子物理国際研究センター(東京都文京区本郷7-3-1)
(変更の範囲)本学の指定する場所(配置換又は出向を意に反して命じられることは原則ない。詳細は東京大学教員の就業に関する規程第4条による。)
所  属素粒子物理国際研究センター
業務内容本センターの量子AIテクノロジー研究部門において、量子コンピューティングの計算基盤の研究、基礎物理・応用物理等への量子計算の応用、誤り耐性量子コンピュータを含む長期的な量子計算技術の研究を推進する。国内外の大学・研究機関との共同研究を積極的に推進し、他分野との連携による量子研究ネットワークの構築を主導する。
(変更の範囲)配置換、兼務及び出向を命じることがある(意に反して命じられることは原則ない。詳細は東京大学教員の就業に関する規程第4条による。)
就業時間専門業務型裁量労働制により、1日7時間45分勤務したものとみなされる。
休日・休暇土・日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、年次有給休暇、特別休暇 等
賃 金 等学歴・職務経験等を考慮して決定。昇給制度あり。
諸手当:期末・勤勉手当(年2回)、通勤手当(支給要件を満たした場合、月額55,000円まで)の他、本学の定めるところによる。
加入保険法令の定めるところにより、文部科学省共済組合、雇用保険に加入。
応募資格博士の学位を有する者
提出書類(1)履歴書(東京大学統一履歴書フォーマット) https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/jobs/r01.html
(2)研究業績リスト(原著論文、総説、著書、国際会議招待講演、受賞、外部資金獲得実績等に適宜分類)
(3)論文リスト(主要論文5編以内に印をつけ、インターネットでアクセス可能なURLあるいはDOIの情報を明記すること)
(4)これまでの研究実績の概要
(5)着任した場合の研究計画
(6)推薦書、あるいは意見書を3通以上
提出方法電子メールによる提出:
Subject欄を「Quantum Associate Professor」とし、提出書類を添付してhisho@icepp.s.u-tokyo.ac.jp 宛てに送付。推薦書・意見書は別途、推薦者より同じ電子メールアドレスに直接送付。(2~3日以内に受領の返事がない場合は、必ず問い合わせて確認してください。)
応募締切令和6年7月19日(金)必着
選考方法書類選考の上、面接を実施。なお、面接予定者のみ面接に関する連絡をいたします。また、連絡には主に電子メールを利用しますので、履歴書にメールアドレスを記載してください。
問合せ先〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学 素粒子物理国際研究センター 寺師弘二
Tel:03-3815-8384、E-MAIL:terashi@icepp.s.u-tokyo.ac.jp
募集者名称国立大学法人東京大学
受動喫煙防止措置の状況敷地内禁煙(屋外に喫煙場所あり)
そ の 他〇 外為法等の定めにより、採用時点で、海外との兼業や、外国政府等からの多額の収入がある場合、研究上の技術の共有が制限され、本学教職員としての職務の達成が困難となる可能性があります。従って、兼業等については、本学における研究上の技術の共有に支障のない範囲に留める必要がありますので、予めご承知おき願います。
〇 取得した個人情報は、本人事選考以外の目的には利用しません。
〇 東京大学は男女共同参画を推進しており、女性の積極的な応募を歓迎します。